軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

ダム旅etcでもサイクリング用サーモボトルが便利!

はじめに

 一人旅の運転中にも喉が渇きます。
 そのたびに車を停められず注意しながらペットボトルなどを飲むことになりますよね。

 二人だとフタを開けてもらい手渡ししてもらえますが一人だと難しいですよね。 
 みなさん そんな時はどうしますか? 

 この記事ではこれまで私が使ってきたサーモボトルをご紹介します。

使ってみたグッズはこちら!!

 最初はペットボトルから簡単に飲むことを試すうちに冷たいものは冷たいまま飲みたくなりサーモボトルを使うことにしました。

 普通のサーモボトルは運転中には使えません。 
 そんな時に思いついたのがサイクリング用に使っていたサーモボトルでした。

 サイクリングでペダルをこぎながら飲めるグッズです。

グッズ5つ目:サーモス 真空断熱ストローボトル
 シリコンストロー付のサイクリング用サーモボトルを使ってみました。

 一番お気に入りはこれです。ペットボトル500mlがピッタリ入り保温が効くのもいいですね。


フタをあけるとシリコンストローです
f:id:damtraveller:20200209211840j:plain

・ワンタッチでフタが開きシリコンのストローがでてくる
・軽くて持ちやすい
・保冷保温効果も高い
振動していても飲みやすい

グッズ4つ目:協和工業 voda ステンレスサイクルボトル500
 B.freeより軽くて持ちやすいので使ってみました。黒を持っています。


・B.freeより軽くて持ちやすい
・保冷保温効果も高い
・ワンタッチでフタが開く
・ストローはない
振動していると飲みにくい

グッズ3つ目:B.free ステンレスサーモボトル 500E
 初めてのサイクリング用サーモボトルを使ってみました。


・保冷保温効果も高く走りながら飲めるのが画期的だった
・ワンタッチでフタが開く
・少し重めでストローはない
振動していると飲みにくい

グッズ2つ目:サーモス ステンレススリムボトル コップ付き


・冬のサイクリングで暖かいモノを飲みたくて使っていたもの
・保冷保温効果は高いがコップに注いで飲むため運転中は不可
・普通のサーモボトルで車を停めて休憩の時に使用

グッズ1つ目:ペットボトルストロー
 最初はスーパーでも売ってるペットボトルをストローで飲むようなグッズを使ってみました。


・スーパーなどで似たようなグッズが販売されている
・ペットボトルのフタに替えてねじ込んで装着
・ボタンを押すとフタが開きストローで中身が飲める
・ペットボトルのため冷たい飲み物も温まってくる
・ペットボトルの保温カバーはそんなに保温効果が高くない
振動していても飲みやすい

使ってみて 〇なところ

・ストロー付は振動していても飲みやすい

・ワンタッチでフタが開き使いやすい

・サーモボトルは買った時に詰め替えてその場で空ペットボトルを処分出来る

・サーモボトルは保冷保温効果が高い

・そのまま車中泊で使えば夜中に寝ぼけてこぼすこともなく便利

使ってみて △なところ

・ペットボトルストローは保冷保温を望まなければコスパ高い

・気にいったグッズは以外の出番は無い

・新製品が出るたびに出費がかさむ

しくじりポイント
しくじりポイント

・後になるほどに便利なグッズが出てきます。それを追っていたら何度も似たようなグッズを購入することになります。他にも何本もサイクリングボトルがあります(^^;

まとめ

 運転中はペットボトルのキャップは開け閉めが難しく落としやすいです。

 振動で飲みにくくこぼれやすく、気になっては運転もおろそかになりますよね。

 買った時に詰め替えれば車の中に空ペットボトルは増えません

 運転中はシリコンストロー付サイクリング用サーモボトルが便利です。

 みなさん 安全運転を心がけ楽しい旅を続けましょう!