軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

ダム旅でこれまで車中泊してきたレヴォーグ!

はじめに

 まだ見ぬダムへ行きたい!
 もっとダムカード収集をしたい!
・・・日帰りでは行けなくなってきます。

 その日にどこまで行けるかわからず宿の予約が出来ないこともあります。
 みなさん そんな時はどうしますか? 

 宿の到着時間を気にすることもなく道の駅などで車中泊が都合よくなってきます。

 この記事ではこれまで私が車中泊してきた愛車レヴォーグをご紹介します。

レヴォーグってどんな車?

 ウインタースポーツを始めると4輪駆動車で雪道を安全に運転したくなります。

 最初は後輩に勧められたSUBARU レガシー ツーリングワゴンでした。

 その次にレガシーの後継車として新発売されたシティ派4輪駆動車のレヴォーグに乗り換えました。

まさか?ネット通販で車が買えるとは(^^;


レヴォーグはこんな感じの車

・トランクルーム内が車内と一体となっているステーションワゴン
・トランクルーム以外は乗用車と一緒で雪道に強い4輪駆動車

・スタッドレスタイヤで雪道の運転も安心してスキー場へも行ける
・シートヒーターなど冬に適した装備がついているグレードもある

・2.0Lのターボエンジンは300PSとハイパワーでスポーツカー並み
・スポーツ#モードとパドルシフトはドライビングする悦びを与えてくれる
・ハイオクガソリン使用

・アイサイトなどによる安全機能も充実している
・注意不足な瞬間に衝突安全機能に助けられたこともある

・追従式クルーズコントロールやステアリング制御などのツーリングアシスト機能は高速道運転が楽になる

・その他便利な機能満載

私が乗ってきたレヴォーグ

 新車発売直後のレヴォーグ2.0L GT-S  A(初代)に乗りました。

 その次も同じダークグレー色のレヴォーグ2.0L STI Sport  D型に乗り換えです(笑)
 SUBARUでは大幅なマイナーチェンジと言われるD型(3回目のマイナーチェンジ)です。

 色も同じでパッと見には乗り換えはわからないでしょう(^^;

 見分けるポイントはSTIのエンブレム・アルミホイール・スポーツマフラー・ボルドー色の革貼りシートかな。

D型で改善された主なところ

・ドア内張りのびびり音が改善され耳障りな音が軽減された
・ガラスがわずかに厚くなり遮音性が高まった

・後部座席背もたれが4:2:4の分割になり細長いモノが乗せやすくなった
・ルームミラーがバックカメラモニターになり車内の人が後方視界の妨げにならない

・追従式クルーズコントロールが0km/hから対応となり渋滞時が大変楽になった
・ステアリング制御が進化し自動運転に少し近づいた

・STIに標準装備の電動シートはシートポジションのメモリがある 
・ハンドルの動きに連動するLEDヘッドライトで曲がりくねった道も見やすい

フルモデルチェンジ予定

・2020年後半にフルモデルチャンジの予定
・今よりもっとスポーティーで格好いい予想図がネットニュースでも見れる
・エンジンは新開発1.8Lターボのようで、2.0Lはどうなるのか?
・アイサイトはもっと進化し安全性や運転支援機能も良くなるみたい
・ダム旅etcをする夢が無ければ新型レヴォーグに心惹かれる 

しくじりポイント

しくじりポイント

・便利な機能が満載なスポーツカー的な車ですがランニングコストは高くなります。

 ハイオクガソリン・カタログ値燃費13.2km/L・33ナンバーの税金・車検費用・225/45R18と太いタイヤ・スタッドレスタイヤも同サイズ。

まとめ

 どこまで行けるかわからない旅を気軽な車中泊で楽しめます。

 短期間ならレヴォーグでも車中泊は十分可能でした。
 レヴォーグではどんな車中泊スタイルだったかをこの後の記事で詳しくご紹介していきます。

 みなさん これが長期間の車中泊となるとどうでしょう。

 もっと快適に過ごすことや維持費や車の取り回しも気になりますよね。
 長期の一人旅を考えると浮上してくるのが軽キャンピングカーでした。

 軽キャンピングカーのオーナーとなる第一歩を踏み出してしまいました!(笑)