軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

ダム旅etcの車中泊で静かに寝るにはこれ!

はじめに

 公共の場である道の駅などでの車中泊。

 自宅と違い隣に車が停まり話し声やエンジンドアの開け閉めの音が聞こえてきます。

 トラックが近くに駐車し夜中にエンジンがかかったままのこともあります。
 みなさん そんな時はどうしますか? 

 この記事ではこれまで私が使ってきた耳栓をご紹介します。

耳栓ってどんなもの?

・耳の穴に入れる遮音効果のあるグッズです。
・音が全く聞こえなくなるのではなく軽減されるものです。
・目覚まし時計の音などは聞こえます。
・耳栓をすることで私は眠りやすいです。
・スポンジの筒形状他いろんな形や材料がメーカーにより工夫されています。
・自分で騒音を軽減することが可能な便利なグッズですね。

使ってみたグッズはこちら!!

9つ目:ソフトシリコン:サイレンシア
 東急ハンズでサイレンシアにもシリコン素材のグッズがあるのを見つけて使ってみました。
 遮音性が高いので回りがにぎやかで寝れない時用に持っていきます。 


遮音値:SNR25dB(メーカー表示)
・スージーイヤーグミと機能的には大差無し
・色と価格で好みの方を使うとよい
・色が半透明
・遮音性が高く目覚まし時計の音が他より遠くに聞こえる
・粘着質なので落とすとゴミがくっつくがそのまま洗えば簡単の落ちる
・ゴミがついたまま丸めると中に入り込んでとれなくなるので要注意

8つ目:スージーイヤーグミ
 遮音性が高そうなグッズみつけて使ってみました。


垂直入射音響透過損失量:平均29.6dB(メーカー表示)
・少し粘着性があるシリコン素材の粘土みたい
・指で丸めて耳の穴の手前に入れる
・粘土をつぶす感じで広げて装着
・密着してこれまでで一番遮音性がよい
・毎回丸め直して形を整えるのが面倒
・使ったり置いてゴミが粘着質について混じらないように要注意

7つ目:サイレントタイム
 私の耳に合う固さを探して使ってみました。
 イヤーホリデイの次にサイレントタイムが私の耳には合います。


遮音値:(メーカー表示不明)
・付けた時の感じや遮音性は同等
・朝起きた時にはサイレントタイムは耳があまり痛くない
・イヤーホリデイより広がったときは太い

6つ目:TYCEM 耳栓
 もっと静かに寝れそうなグッズをみつけて使ってみました。


遮音値?:32dB(メーカー表示)
・外はやわらかいイヤープラグ型
・遮音性はよい
・プラスチック棒の端がつかみにくく取り外しにくい
・白、黒シリコンケース付き
・横向きに寝ると中のプラスチック棒が耳に当たって気になる
・寝転ぶのではなく新幹線などの座席で使うほうが良い

5つ目:キングジム デジタル耳栓
 車中泊の時、トラックのエンジン音対策に高性能な耳栓を探して使ってみました。


・ノイズキャンセルレベル:-25dB(メーカー表示)
・スイッチを入れると周りの騒音が軽減されるのがわかる
ケーブルやスイッチ部分が邪魔になり寝転がって使いにくい
・寝転がって使うとケーブルがこすれる音が聞こえてします
・寝転ぶのではなく新幹線などの座席で使うほうが良い
・USB充電式

4つ目:MICRA MOKO
 遮音性の高い耳栓を探していて30dBにひかれて使ってみました。高音域防音:30dB(メーカー表示)
・遮音性はまあまあ 
・横向きに寝ると中の耳に当たって気になる
堅くて長時間つけて寝られる感じではなく私にはなじまなかった
・寝るのでは無く騒音の中で何かの作業をするのに適したグッズ
・ケース付き

3つ目:ハワード レイト
 サイレンシアやイヤーホリデイとは異なる形をみつけて使ってみました。


遮音値:SNR25dB(メーカー表示)
・耳にフィットし取り外しやすい
・私の耳にはわずかに大きくきつくて朝起きたら耳が痛い
・最初のうちは柔らかく耳にフィットして遮音性は良い
・1~2ヶ月も使えば弾力が失われてきて遮音性は低くなる
・値段もそんなに高くない
・ケース付き

2つ目:イヤー ホリデイ
 ホームセンター他でよく売っていて一番多く使っています
 遮音性もよく私の耳には一番合っておりお勧めです。


遮音性:交通量の多い交差点約80dBが静かなオフィス並み約50dB(メーカー表示)
・他グッズより小ぶり
・私の耳の大きさや柔らかさが合う
・耳の外側が広がる形でフィットし遮音性は良い
・1~2ヶ月も使えば弾力が失われてきて遮音性は低くなる
・値段もそんなに高くない
・ケース付き

1つ目:サイレンシア
 ドラッグストアなどでよく見かけて使ってみました。


遮音値:NRR32dB(メーカー表示)
・筒型で若干堅め
・最初のうちは耳にフィットして遮音性は良い
・1~2ヶ月も使えば弾力が失われてきて遮音性は低くなる
・値段もそんなに高くない
・ケース付き
・イヤーホリデーに似た形のサイズダウンしたSサイズNRR32dBが私には合う

100均やホームセンターの耳栓
 ご紹介したグッズに形や色は似ていても大きかったり固くて耳が痛くなるものもありますのでご注意ください。

使ってみて 〇なところ

・柔らかいタイプは値段もリーズナブルで遮音性もまあまあです

・MICRO MOKO以外はどれも似たような装着感です。

・柔らかいタイプは指先で細くひねって耳に入れふくらんで来るのを待ちます。

・形状や材料などメーカーが遮音性を高める工夫をされています。

・私にはスージーイヤーグミソフトシリコンサイレンシアが一番遮音性が高いです。

使ってみて △なところ

・固い素材のグッズは横になって使うのには適しません。

耳の穴の大きさにより合う合わないがあります。

大きかったり固いグッズは長時間使うと耳が痛くなります

・柔らかい素材のグッズは2~3ヶ月も使えば弾力が失われてきて遮音性は低くなります。
 使いきりと割り切ればいいのでしょうね。

・メーカーにより遮音性能値の単位の統一がなくカタログ上で比較しにくいです。

しくじりポイント
しくじりポイント

・ネット通販では実物に触り弾力や大きさを確かめられず合わないものを買ってしまいました
横になって寝るのに適さないグッズもあることが使ってみてわかりました。

まとめ 

 車中泊で静かに寝るためには他の車やトイレ、道路やメイン通路となる場所、自販機など騒音源から離れた場所に停めるのが基本です。

 しかし混雑している時は車同士が隣り合うこともあります。

 夏などはエアコンのためエンジンをつけっぱなしで仮眠している方もいます。

 田んぼで一斉に無くカエルの鳴き声や雨が車の屋根をたたく音などもあります。

 そんな時は耳栓を使うと騒音が軽減されます。

 みなさん 自分にあった耳栓をみつけて車中泊で安眠しましょう!

※車中泊では周りの方への迷惑防止や排ガスの影響が出ないようエンジンは止めるのがマナーですね