軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

ダム旅etcに持っていく調理他のアウトドアグッズはこれ!!

はじめに

 大自然の中でのんびりたき火をして過ごすのは楽しそう。

 せっかくたき火するなら見ているだけでなくゆっくり時間をかけて食事も楽しみたいですよね。

 みなさん そんな時はどうしますか?

 この記事では私が持っていく調理その他のアウトドアグッズをご紹介します。

持っていくグッズはこちら!!

f:id:damtraveller:20200216214612j:plain
 普段の食事の基本はスーパーの総菜や弁当食堂のため食器類は不要かもしれません。
 だけどキャンプ場行けば何か作ってみる気になるでしょう。

 時には大自然の中でのんびりたき火料理をしてゆっくり食事をする贅沢な時間を過ごしてみたいですよね。

 美味しいものを味わうとお酒もすすむことでしょうね(^^)

 そんな時のためにたき火料理の出来るグッズなどを持って行くことにしました。

 こだわって? ネット通販したアウトドアグッズもご紹介します。

カーサイドタープ

 キャンプ場で過ごすならちょっとしたをしのぎ組み立てたイスやテーブルを濡れないところに置きたいですね

 また荷物が増えますがカーサイドタープをみつけてネット通販してしまいました。

カーサイドシェルター:小川テント


 2~3人までの少人数で使うには手頃なサイズです。
 幅285/175×奥行247×高さ210cm
 傘から車に出入りするときに濡れなくて済みそうです。
 車の下の隙間から風が吹き込むので何か防風対策の工夫が必要です。

ペグハンマー:freell
 軽量カラフルペグハンマーを見つけてしまいました。
 タープに付属のハンマーより格好良くペグも抜きやすそうです。


チタン製ペグ:Soomloom
 タープを地面に固定するための付属のペグ鉄製で弱く曲がりやすいです
 小川カーサイドシェルターには7本必要です。
 短めですが20㎝×8本セットにしました。
 チタン製軽くて丈夫なペグ見つけてきました。
 1本40gと軽く少しは荷物の軽量化?になるかも(^^;
 ペグハンマーに付属の袋に一緒に入れます。

調理関係

 キャンプ場ではたき火料理をするかも?しれないので持っていくグッズです。
 普段は総菜の包装を開けたりする程度かな(^^;

f:id:damtraveller:20200216215848j:plain

メラミンランチプレート:コールマン(販売中止)
 キャンプ用に持っている中から一枚持っていきます。
 仕切りがあっていろいろなおかずが乗せられます。
 適度な重さで紙皿のように風に飛ばされず丈夫です。
 今は販売されていないようです(^^; 

食器セット:コールマン
 こちらもあります。スープなどのために小皿を持っていく予定です。


ダブルステンレスマグカップ:コールマン
 熱いモノを飲むとき用に持っていきます。保温性もあります。
 寒い時にはホットワインもいいですね。


モリブデンペティナイフ:E-PRO
 普段は料理はしないけれど惣菜のラップを開封するのに使います。
 小さめの手頃サイスで軽く良く切れてカラフルです。


きっちんハサミ リムーブ:みまつ
 右左はずせて洗い易く切れ味が続きそうです。
 100円ショップの製品より製品の質が高く全てステンレス鋼刃です。
 栓抜き、フタ回し、缶フタ開けなど多用途です。


チタン製カラトリーセット:スノーピーク
 軽くてサビず丈夫なチタン製スプーンとフォークのセットです。

その他のアウトドアグッズ

f:id:damtraveller:20200216214819j:plain

折りたたみテーブル:iClimb
 コンパクトに収納できるテーブルです。
 一人分の飲み物や惣菜を置くには丁度よいです。


折りたたみイス:FUNDANGO

 背もたれの高い形を選びました。
 座るとなんだか弱そうな感じですが大丈夫です。


山のうつわ:VIVAHDE
 アウトドア用に作られた木製食器です。
 金属やプラスチックとは違う容器の温かみがあります。

 私のお気に入りグッズの一つです。

極細箸 白竹 京銘竹製:竹工芸 朱竹堂
 自宅では京都の市原平兵衞商店で手に入れてきた「みやこばし すす竹」を使っています。
 細くて豆とか魚とか繊細な日本食を味わうにぴったりです
 高級な箸なので車中泊ではもったいなく似たような箸を持っていきます。
 濡らしたままだと曲がってくるので要注意です。

箸置・ORI (ミラー仕上げ) :LUCKYWOOD
 車中泊のテーブルで箸の置き場所に困るので使ってみました。
 シンプルなデザインで箸も置きやすく安定しています。


雅二ツ切皿 白グロス:福井クラフト
 弁当のフタに醤油を入れると醤油が広がりつけにくいです。
 軽いフタに手が当たり醤油が飛び散ったこともあります(^^;
 醤油とわさびなど別々に入れられる仕切り付きです。
 割れないプラスチック製皿をみつけて使っています。


カップ麺ウェイト
 カップ飯カップ麺を作るときのフタおさえです。
 お遊びグッズで美味しく味わいます。


芳醇 天然かけ醤油:川中醤油
 広島のスーパーでは瓶入りが置いてあります。好みの醤油です。
 ワンプッシュで欲しい量がかけられる小型プラボトルが発売されたので持っていきます。


プラスチック製コップなどはこちらの記事へ
 ガラスや陶器製品のように割れないよう気をつかわなくて済むようプラスチック製グッズを探しました。

充電式LEDランタン1:Lighting EVER
 テーブル付近に置く用です。
 調光調色可能なLEDランタンです。
 充電式で明るいです。
 熱くならないのでやけどの恐れがありません。


充電式LEDランタン2:fngeek
 カーサイドタープの天井に吊り下げ用です。
 小川のカーサイドシェルターには天井に吊す所がなく工夫が必要そうです。
 電球色と昼白色の2色切り替え
 8つの点灯モード 防水 充電式 磁石付
 テントの中が全体的に照らされる程度です
 明るさを求める方にはかなり物足りないかも(^^;


折りたたみ水タンク:ロゴス
 水場が離れている時に役に立ちます。
 手洗い程度なら一人で10L程度で十分です。


食器用洗剤キュキュット クリア泡スプレー:花王
 スプレーしてしばらく待てば後はすすぐだけ。
 本格的な調理もしない私がコップなどを簡単に洗えて便利です。
 冬の冷たい水スポンジで洗わなくてよいのはありがたいです。


すのこ:ホームセンター
 外で靴を脱いでくつろぐときに使ってみます。
 車から降りる所において外で靴を脱げるようにもできます。

スリッポン:TEVA
 100周年 スペシャルエディション
 かかとがあり脱げにくいです。
 車から降りて少し歩いて自販機などに行く時に便利です。


スノーブーツ 防水 防寒 防滑 保暖 裏起毛:SIXSPACE
 スキーバスツアーの時に使ってきました。
 バス車内で脱いだり履いたりしやすく暖かいです。
 冬に外でたき火するときに良さそうです。


超軽量カーボン骨折畳み傘50センチ98g:小宮商店
 雨が降りそうなときバックの中に入れておくために超軽量の傘を使っています。


風に強い高強度ジャンプ傘:mabu
 ダム周辺を歩き観光や屋外のトイレに行くときに使います。
 開いて112㎝と大きく風にも強い丈夫なこの傘をみつけました。
 車と同系色のカーキ色に骨の色が赤と変わっています。
 持つところにネーム入れしてもらえます。


ロープ・ベルト:ホームセンター
 キャンプ場で洗濯物を干したり何かを縛るときに使います。
 車の中の荷物はフック付きゴムロープや荷締めナイロンベルトが便利です。

 

熊よけ鈴
 他に音色の良い熊よけ鈴(プラスワン カノン熊鈴)を持ってますが歩くときいつも音がします
 
この熊よけ鈴は不要な時は消音可能で音色も良く気に入りました。

 実は山の中のダムへ自転車で行った時に本当に月の輪熊道路で遭遇しました(^^;
 ダム付近には「熊出没中」の看板
が出ていることも多く念のため持っていきます。

f:id:damtraveller:20160105103405j:plain

しくじりポイント
しくじりポイント

・折りたたみイスのポールを穴に十分差し込めておらず、最初に座った時にパキっとプラスチックを割ってしまいました。接着剤と針金で自分で修理して使っています。

まとめ

 何回使うかわからないグッズが増える一方です(^^;
 だけどせっかくのチャンス、大自然のなかゆっくり食事をする贅沢な時間を過ごしてみたいですよね。

 美味しいものを味わうとお酒もすすむことでしょうね。
 体重計の出番になりそうです(^^;

 アウトドアグッズを準備していると横にある釣りグッズにも目が行きます。

 ダム巡りの山だけでなく綺麗な海で釣った魚刺身やたき火で焼いて味わうのもいいなと思ってしまいます。

 釣りグッズまで持って行くとキリが無いですよね(^^; 

 今回はこれ以上の欲張り過ぎを止めておきましょう・・・と書きながら後ろ髪引かれる感じがしてしまう・・・まずい!断ち切らねば(笑)

 みなさん 時には大自然の中でいつもより美味しい食事を楽しみましょう

※撮影時期により全体写真に写っていないグッズもあります。