軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

軽キャンパーで恐羅漢エコロジーキャンプ場に行きました!(2021年6月21日~23日)

f:id:damtraveller:20210623223218j:plain

はじめに

 有料のオートキャンプ場ですがスノーボードに行く恐羅漢スノーパークに隣接している恐羅漢エコロジーキャンプ場に一度行ってみたいと思っていました。

 しかしコロナにより広島県にも緊急事態宣言が発令され6月20日まで一時クローズでした。

 緊急事態宣言も解除されることから恐羅漢エコロジーキャンプ場の予約をしてみました。

 前回のソロキャンは設営と撤収であわただしい感じだったので、今回は2泊3日とし少しゆっくり過ごせるようにしました(^^)

キャンプ場へ移動します

・買い出しをして高速道に乗ります

 最初にレクト広島内のスーパーで食材を買い、五日市ICから山陽道に乗ります。

f:id:damtraveller:20210621231709j:plain

 山陽道から中国道方面に進みます。

f:id:damtraveller:20210621231828j:plain

 中国道を西の山口県方面に進みます。

f:id:damtraveller:20210621232012j:plain

 天気良くて暑いですね。車もエアコンつけて運転です。

 工事で片側1車線通行の規制が時々あります。

f:id:damtraveller:20210621232140j:plain

 冬にはスキー場に行くため良く通った道でしたが、久々に通り懐かしい感じもします(^^)

f:id:damtraveller:20210621232207j:plain

 戸河内ICで降ります。

f:id:damtraveller:20210621232242j:plain

・昼食にします

 戸河内ICで降り道の駅来夢とごうちの駐車場に車を置き食事にします。

f:id:damtraveller:20210621232628j:plain

 今日は串焼鳥は止めてとなりの味彩紀行にします。

f:id:damtraveller:20210621232615j:plainf:id:damtraveller:20210621232619j:plain

 久々に味噌ラーメンが食べたくなったからですね。すしセットにしました。

 信州味噌の味に慣れ親しんだので、少し塩辛く感じます(^^;

 すしは安芸太田町名産の田舎寿司で山椒の葉がいい香りでした。

f:id:damtraveller:20210621232618j:plain

・道の駅にも寄ります

 道の駅来夢とごうちに何か良いものがないか寄ってみます(^^)

f:id:damtraveller:20210623232104j:plainf:id:damtraveller:20210621232735j:plain

 久しぶりに顔出しを見ました(^^)

f:id:damtraveller:20210621233508j:plain

 週末にはサイクリストも多く木製のサイクルスタンドが設置されていますね。

f:id:damtraveller:20210621233519j:plain

  久しぶりに地酒を買ってみました。三段峡の生酒ですね。

f:id:damtraveller:20210621232728j:plain

 子持ちこんにゃくです。このまま切って味わえます。歯ごたえがあって美味しいです。

f:id:damtraveller:20210621232714j:plain

 大根佃煮ですね。日本酒に合うようなモノを買ってしまいますね(^^)

 佃煮というよりも濃い味の大根の煮物って感じで、あっさりと味わえます。

f:id:damtraveller:20210621234113j:plain

・内黒峠経由で移動します

 冬には右の電光掲示板に恐羅漢スノーパークの積雪量が表示されます。

f:id:damtraveller:20210623232349j:plain

 天気も良く運転していて気分がいいですね(^^)

 冬にタイヤが滑らないか気を遣いながら運転するよりいいですよね。

f:id:damtraveller:20210623232402j:plain

 真っすぐ進むと少し距離はありますが2車線が続く広域林道経由です。

f:id:damtraveller:20210621234433j:plain

 大規模林道を通らず道が狭い内黒峠経由の道に左折します。

f:id:damtraveller:20210623233841j:plain

 相変わらず離合も出来ない細い箇所が多いですが、冬と違って緊張感が違いますね(笑)

f:id:damtraveller:20210621235120j:plain

 恐羅漢スキー場までの距離が要所に表示されています。

f:id:damtraveller:20210621235129j:plain

 冬以外はサイクリングで一度走っただけでこの時期に車で来るのは初めてです。

 なんだか冬とは景色が変わって見えます。

f:id:damtraveller:20210621235137j:plain

 内黒峠に到着です。

f:id:damtraveller:20210621235130j:plain

 内黒峠付近は2車線に拡張されていますが、またすぐに狭くなります(^^;

f:id:damtraveller:20210621235140j:plain

 昔このカーブの突き当りの所で雪道で滑った車が突っ込んでいるのを見たことがあります(^^;

 冬はガードレールも無く緊張する所の一つですね。

f:id:damtraveller:20210621235338j:plain

 恐羅漢スノーパークが見えてきました。ゲレンデの部分の緑がキレイですね。

f:id:damtraveller:20210621235353j:plainf:id:damtraveller:20210623234320j:plain
f:id:damtraveller:20210621235425j:plain

 この橋まで下りてくるとやっと細い道を抜けたとホッとする所です。

f:id:damtraveller:20210621235512j:plainf:id:damtraveller:20210623234409j:plain

 50mほど先のトイレのある駐車場です。

f:id:damtraveller:20210624102322j:plain

 駐車場の前の道を右折するとキャンプ場やスキー場ももうすぐです。

 十方山の案内の方に進むと恐らく十方林道だと思います。

 学生の時に自転車で未舗装の十方林道をサイクリングしたことがありますが、それ以来行ったことはなく今はどんな道になっているのでしょうね?

f:id:damtraveller:20210623234500j:plain

 スキー場の立山第3トリプルリフト乗り場横を通りキャンプ場のセンターハウスに向かいます。

f:id:damtraveller:20210623234659j:plain

 民宿前を通り斜め左の道をキャンプ場方向へ進みます。

f:id:damtraveller:20210623234945j:plain

キャンプ場1日目です

・キャンプ場に到着しました

 恐羅漢エコロジーキャンプ場のセンターハウスに到着です。距離は70kmほどでした。

 名前や連絡先滞在期間などを書いて料金を支払い、説明とサイトの指定を受けます。

f:id:damtraveller:20210622000328j:plain

 24時間利用可能な温水シャワーは専用のコインを使うようになっています。

 3分/100円で2枚買っておきましたが、この後故障して修理するため使えなくなったことのお知らせがありました。

 帰る時に使わなかったコインは返却していただけます。

f:id:damtraveller:20210624011158j:plain

 センターハウスの右側にはゴミを分別して捨てるようになっています。

f:id:damtraveller:20210624001013j:plain

 センターハウス前の様子です。動画は最終日に撮影です。


・キャンプ場の様子です

 キャンプ場は多くの方がブログで紹介されているので省略気味とし、今回利用したサイト近辺の紹介をメインにしようと思います。

 このゲートから先がサイトになります。以前は牛小屋高原エコロジーキャンプ場という名前みたいですね。

f:id:damtraveller:20210622000747j:plain

 ゲートから先の道は一番下のフリーサイトまで下り坂になっています。

 メイン道路の両側の枝道にサイトが配置されています。上から枝道ごとに階段状になっているサイトですね。

f:id:damtraveller:20210622001900j:plain

出典:恐羅漢エコロジーキャンプ場WEBより

 始めてなので場内を一番下のフリーサイトまで行ってUターンしました。

 デイキャンプで1組の方がフリーサイトに来られていました。

 今回利用するサイトは電源なしのオートキャンプサイトの一番手前の30番です。

f:id:damtraveller:20210622215254j:plain

 林間サイトですね。

f:id:damtraveller:20210624000334j:plainf:id:damtraveller:20210624000020j:plain

 横のサイトとは段差や樹木で区切られています。前のサイトは一段下になります。

f:id:damtraveller:20210624000026j:plain

 30番サイトの少し下にある炊事棟やトイレを見に行ってみます。

f:id:damtraveller:20210624000308j:plain

 炊事棟です。

f:id:damtraveller:20210624000429j:plain

 暫く閉鎖されていたためか水栓をひねると最初は赤いサビ水が出てました。

f:id:damtraveller:20210624000701j:plain

 横には焚火の灰を捨てる缶が置いてあります。

f:id:damtraveller:20210624000503j:plain

 トイレです。シャッターが閉まっていたので自分で上げました。夜中も電灯がついています。

f:id:damtraveller:20210624000507j:plain

 男性トイレ入り口横には多目的トイレがあります。

f:id:damtraveller:20210624000527j:plain

 男性用トイレ内です。

f:id:damtraveller:20210624000535j:plain

 暫く使われずシャッターが閉まっていたためか中には虫が結構いました。

f:id:damtraveller:20210624000539j:plain

 洋式トイレが1つあります。今回もハンディートイレシャワーの出番ですね(^^)

f:id:damtraveller:20210624000542j:plain

 和式も1つあります。

f:id:damtraveller:20210624000546j:plain

 小さな虫が顔の周りにまとわりつく時間帯もあるので防虫剤などは必須です。

・タープを軽キャンパーに連結します

 ざっと施設を見てきたところでタープを軽キャンパーに連結します。

 リアゲートを焚火をする方に持ってきたくて車を最初と反対向きにしました(笑)

f:id:damtraveller:20210624002325j:plain

 このタープ連結にも少しずつ慣れてきましたが、サイトと車と周りの視界の関係で臨機応変に立て方を考えます。

f:id:damtraveller:20210624002408j:plain

 今回は車に2カ所固定しリアゲート横にポールを1本使いました。

 あと2本のポールでタープ前後の真ん中を立ち上げています。

f:id:damtraveller:20210624002506j:plain

 トイレに行って戻っていたら薪を入れた袋をカラスが開けようとしています(^^;

 リアゲートは閉めていましたが、食材などを出したまま無人になることは避けた方が良さそうですね。

 ニュースを見たいなとアンテナを接続してみましたが地デジもBSも木が電波を遮蔽して映りません(^^; 

f:id:damtraveller:20210624004802j:plain

 携帯ラジオもFM放送の入りが良くなく、車のカーナビの方が受信感度が高く良く入ります。

 車のバッテリーが消耗したらいけないのでカーナビで聞くのは止めておきますが、もっと携帯ラジオに活躍してほしいですね(^^;

f:id:damtraveller:20210624004804j:plain

 夕方5時を過ぎても誰も来ず、今日もどうやら完ソロのようです(笑) 

 車やタープの色が周りの木々の色と馴染んでいますね。

f:id:damtraveller:20210624010929j:plain

 今夜は曇っていて星は見えませんが月が木々の間から見えていました。

f:id:damtraveller:20210624015025j:plainf:id:damtraveller:20210624015030j:plain

 ホタルを見たかったのですがキャンプ場の方に聞いてもまだ2週間くらいは早いとのこと。

 それでも飛んでないかと暗くなってから小川の側に何度か行ってみましたが、やはり居ませんでした(^^;

f:id:damtraveller:20210624015339j:plain

・1日目の焚火です

 タープの連結も終わり焚火の準備をします。

 焚き付け用に細く割っておきます。この手オノにも少し慣れてきましたが怪我をしないように注意です。

f:id:damtraveller:20210624005340j:plain

 かんなくずが焚き付けに便利ですね。かんなくずを丸めてその上に細くした木を立ち上げて準備完了です。

 着火用にかんなくずの端を左に出しています。

f:id:damtraveller:20210624005500j:plain

 チャークロスから火起こしのために麻ひもをナイフの刃でほぐしています。

 そんなに時間はかからず簡単にほぐせますね。

f:id:damtraveller:20210624005715j:plain

 火打石と火打鎌とチャークロスで着火させます。

f:id:damtraveller:20210624005912j:plain

 チャークロスをほぐした麻ひもで包んで、息を吹きかけるか手で持ってぐるぐる回すと、白い煙が出始めて、そのうちボッと炎が出ます。2日目の動画では炎が出る所を写しています。

 初日の動画はかんなくずが燃えて焚き付けに火が点き始めた所からです。

 特に何もしなくても火が点くので次第に太い木を入れていきます。

 初日の火起こしの段階と熾火になって最後の方までの動画です。

 チャークロスが湿っているようで火花の点きが良くなかったので再度焚火で燃やしています。

f:id:damtraveller:20210624010559j:plain

 枝を1本拾ってきました。

f:id:damtraveller:20210624013837j:plain

 丁度良い長さにノコギリで切りました。

f:id:damtraveller:20210624013840j:plain

 良く乾燥していないので細めに手オノで割ります。

 やはり、よく乾燥した薪と違い燃えにくいですね。すぐに煙が出始めるので火吹き棒の出番です。

f:id:damtraveller:20210624013934j:plain

・1日目の夕食です

 焚火も熾火になり火力が安定してきたところで夕食です。

 最初は牛ミスジステーキ肉です。日頃はこんなお肉には手が出せませんね(^^;

f:id:damtraveller:20210624011806j:plain

 見よう見まねでより柔らかくなるようにフォークで裏表満遍なく刺してみました。

f:id:damtraveller:20210624011835j:plain

 黒瀬スパイスを振りかけて焼いてみます。

 鉄板の上にアルミホイルを置いて後の洗い物が楽になるようにしています(笑)

f:id:damtraveller:20210624011827j:plainf:id:damtraveller:20210624012055j:plain

 肉汁が出て美味しそうに焼けました。

 皿を後で洗うのを横着してアルミホイルがそのままお皿代わりです(笑)

f:id:damtraveller:20210624012109j:plainf:id:damtraveller:20210624012651j:plain

 次は牛バラカルビ焼き肉です。4枚しか入っておらずこれも高級そうな肉ですね(^^)

f:id:damtraveller:20210624011736j:plain

 これも鉄板の上にアルミホイルを敷いて焼いています。

f:id:damtraveller:20210624012323j:plainf:id:damtraveller:20210624012331j:plain

 好きなエバラ黄金の味です(^^)

f:id:damtraveller:20210624012414j:plain

 すぐにペロッと平らげました。ビールがすすみます(^^)

f:id:damtraveller:20210624012337j:plain

 次は野菜を!丸ごとの玉ねぎ焼きです。

f:id:damtraveller:20210623201324j:plain

 肉を焼いている間にアルミホイルに包んで焚火の中に入れておき時々向きを変えていました。

f:id:damtraveller:20210623201350j:plain

 うまく焼けています(^^)

f:id:damtraveller:20210623201422j:plain

 中まで熱が通り柔らかくなっています。

 焼き肉のタレにつけて味わいました。甘くてとても美味しかったです(^^)

 1人で1玉は多かったですが(笑)

f:id:damtraveller:20210623201433j:plain

 次は鳥のポンジリ焼きです。味付けの肉です。

 味付けの食材が色々あるのを今日知りました(^^;

 1人だと焼くだけでいい素材が手っ取り早くていいですね(笑)

f:id:damtraveller:20210624013017j:plainf:id:damtraveller:20210624013050j:plainf:id:damtraveller:20210624013052j:plain

 ビールも黒にして味変です。

f:id:damtraveller:20210624013108j:plain

 合間に大根キムチも味わっています(^^) りんごダレ仕込みだそうです。

 甘辛くて美味しいです。

f:id:damtraveller:20210624013316j:plain

 次は花畑牧場のミニカチョカバロです。

 切らなくてよく焼きやすいですね。

f:id:damtraveller:20210624013431j:plainf:id:damtraveller:20210624013435j:plain

 すぐに溶けて一つになってしまいました。

f:id:damtraveller:20210624013440j:plain

 一粒焼いては味わい、また次の一粒を焼くのがいいかもしれませんね。

f:id:damtraveller:20210624013525j:plain

 最後はおにぎりを温めていただきました(^^)

f:id:damtraveller:20210624014708j:plain

キャンプ場2日目です

・2日目の朝の様子です

 夜中は気温14度と3シーズン用のシュラフ1枚では少し寒く、途中で重ね着をして寝ました。

 2日目の朝の軽キャンパー車内からの様子です。鳥のさえずりが良く聞こえます。

f:id:damtraveller:20210624020159j:plain

 横のサイトからの様子です。

f:id:damtraveller:20210624020006j:plain

 下の段のサイトです。

f:id:damtraveller:20210624020419j:plain

 朝食です。おにぎりとフランクフルトを電子レンジでチンです(笑)

f:id:damtraveller:20210624020318j:plain

 昨夜はシャワー故障で浴びれなかったので、今日は午前中に温泉に行きます。

 タープの車固定金具を2カ所外しました。

f:id:damtraveller:20210624020528j:plain

 帰ってきた時に車の位置がズレないよう薪をタイヤの中心に置いておきます。

f:id:damtraveller:20210624020540j:plain

・美都温泉へ移動です

 昨夜はシャワーを利用できなかったので午前中に以前も行った美都温泉に行ってみます。

 途中で恐羅漢スノーパークのゲレンデを見に寄ってみました。

f:id:damtraveller:20210624020817j:plainf:id:damtraveller:20210624021016j:plain

 立山ゲレンデになります。夏来るのは初めてで緑がキレイですね。

 右横には人工降雪機が設置されていますね。

f:id:damtraveller:20210624020830j:plainf:id:damtraveller:20210624020832j:plain

・聖湖キャンプ場に寄ってみます 

 緊急事態宣言中は閉鎖だった無料の聖湖キャンプ場がどうなっているのか寄ってみました。美都温泉に行く途中にあります。

f:id:damtraveller:20210624105139j:plain

 閉鎖のバリケードもなくキャンプ場入り口まで行くと、キャンピングカーと乗用車の方が利用されていました。

f:id:damtraveller:20210624105040j:plain

 昨年来た時も同じようなキャンピングカーが停まっていたので、同じ方が時々来られているのかもしれませんね。

・再び美都温泉に向けて移動です

 手前の駐車場でUターンして温泉に向かいます。

 191スキー場の前を通過です。

f:id:damtraveller:20210624105503j:plain

 広島県と島根県の県境です。美都温泉への標識も出ています。

f:id:damtraveller:20210624105550j:plain

 峠道をクネクネ下ります。途中道路工事で片側通行の所もありました。

 美都温泉ももう少しですね。

f:id:damtraveller:20210624105912j:plain

 道路標識に従い温泉の方に右折しすぐに左折です。

f:id:damtraveller:20210624105935j:plain

 右に進むと正面の道の駅に行けます。美都温泉へはこの道路を下りていきます。

f:id:damtraveller:20210624105938j:plain

・美都温泉湯元館です

 1時間ほどで美都温泉湯元館に到着です。

f:id:damtraveller:20210624110437j:plain

 最初は誰も居なくて貸し切り状態でした。露天風呂が気持ちいいです。

 アルカリ性単純温泉です。ヌルヌルでツルツルになる泉質がいいですね(^^)

f:id:damtraveller:20210624111614j:plain

 メガネの三城の移動車が来ていてメガネの無料クリーニングをされていたのでお願いしました。

 温泉に入る前ならメガネクリーニングすると温泉の割引券がいただけるのでした(^^;

 JAF会員優待の温泉なのも出た後で気付きました(^^;

 温泉側のあったか市で薪を買うことにします。

f:id:damtraveller:20210624110744j:plain

 レジにお店の方が居られず、どこに行かれたかと奥の方を見に行ったら、担当の方と急に鉢合わせになりビックリさせてしまいました(笑)

 ピンクリボンのついている楢の薪を買いました。

f:id:damtraveller:20210624110752j:plain

 車に載せるのにジムマスターの大型トートバックが活躍です。

・キャンプ場に戻ります

 温泉で食事でも良いのですが今日はお昼に作りたいモノがあるのでキャンプ場にとんぼ返りです。

 交通量はとても少なく運転していて気持ちの良い空ですね。

f:id:damtraveller:20210624111925j:plain

 県境まで戻ってきました。

f:id:damtraveller:20210624112004j:plain

 恐羅漢への大規模林道入り口まで戻ってきました。

 ここを左に行くと気になるキャンプ場があります。

f:id:damtraveller:20210624112152j:plain

 昨年オープンし少しずつサイトを手作りされている小板まきばの里です。

 いつか行ってみたいですね。

 広域林道入り口にホタルの里と看板が出ているくらいですからホタルがたくさん生息しているのでしょうね。

 時期が少し早かったのが残念ですね。

f:id:damtraveller:20210624113032j:plain

 餅木峠からは下りになります。

f:id:damtraveller:20210624113427j:plain

 ここで標高770mです。

 この前まで長野に居たので1000m超えないと標高低いなと感じてしまいます(^^;

f:id:damtraveller:20210624113450j:plain

 スキー場の横を通り昼前にキャンプ場に戻ってきました。往復で85kmほどでした。

f:id:damtraveller:20210624113628j:plainf:id:damtraveller:20210624113854j:plain

・昼食を作ります

 まずは焚火をします。買ってきた楢の薪はもう少し乾燥しておらず樹液が出てきたりゆっくりと燃えていきます。

f:id:damtraveller:20210624120258j:plain

 作りたかったのは瓦ソバです。

 先日テレビで放映されていて味わいたくなり食材を買ってきました。

 刻みネギもあったのですが入れるのを忘れています(笑)

 牛肉も昨日残していなかったのでありません。ホルモンで代用です(^^;

f:id:damtraveller:20210624123427j:plain

 本来は瓦の上で焼くモノですが、瓦が無いので鉄板焼きですね。

f:id:damtraveller:20210624123654j:plain

 つゆは電子レンジでチンです(笑)

f:id:damtraveller:20210624123704j:plain

 ソバにも焦げ目がついてパリっとしてきました。ホルモンの油はキッチンペーパーで吸い取りカリっと焼けてきました。

f:id:damtraveller:20210624124006j:plain

 ホルモン肉でも意外と美味しそうに出来ました(^^)

 ビールも飲みたいですよね(笑)

f:id:damtraveller:20210624124126j:plain

 ついでに残りのホルモンも焼きました。

f:id:damtraveller:20210624124306j:plain

 ついでにエノキもホイル焼きにしました。

f:id:damtraveller:20210624124323j:plain 

 もっとビールが飲みたくなりますが昼間なので1本にしておきますね(笑)

f:id:damtraveller:20210624124410j:plain

 えのきもうまく焼けました。

f:id:damtraveller:20210624124328j:plain 

・今日はもう1組来られました

 日中は場内整備の音と野鳥やカエルの鳴き声が響いています。

 昼食も済まし眠たくなっていたら、2時過ぎに1組の方が一段下のサイトに来られました。

f:id:damtraveller:20210624124919j:plain

 サイトの手前に設営していれば良かったのですが、今の位置では車の赤い色が視界に入り気になります(^^;

f:id:damtraveller:20210624125300j:plain

 なので椅子と焚火台をタープの反対側に移動しました。

f:id:damtraveller:20210624125537j:plain

 左のメインの道路を作業車がたまに通るだけで赤色は見えなくなりました(笑)

f:id:damtraveller:20210624125557j:plain

・2日目の焚火です

 2日目の焚火の様子をまとめました。

f:id:damtraveller:20210624130125j:plainf:id:damtraveller:20210624130131j:plainf:id:damtraveller:20210624130136j:plain

 火打石で火種がチャークロスに点いた後から火起こしまでの動画です。

 夕食も終わり薪の追加も止めて最後の方の熾火の様子です。

 真っ暗な中、炎を眺めているだけの贅沢な時間です(^^)

・2日目の夕食です

 ホッケです。これも何かのテレビで放映していて味わいたくなりました(笑)

f:id:damtraveller:20210624130344j:plain

 大きくて鉄板の上には乗らないのでアルミホイルで巻いて網の上で焼きます。

f:id:damtraveller:20210624130353j:plain

 裏返したり、時々開けて中を見て焼き具合を確かめます。

f:id:damtraveller:20210624130400j:plain

 いい感じで焼けましたね。干物になり身が締まっていて、ほどほどの塩味で美味しいですね(^^)

f:id:damtraveller:20210624130407j:plain

 ホッケが焼ける間にがんすを温めます。

f:id:damtraveller:20210624130819j:plainf:id:damtraveller:20210624130900j:plain

 夕食の始まりです。乾杯~(^^)

f:id:damtraveller:20210624130937j:plain

 次はヤリイカです。

f:id:damtraveller:20210624131106j:plainf:id:damtraveller:20210624131121j:plain

 屋台の甘いイカ焼きにしてみたかったのですが砂糖も無く、醤油と日本酒で焼きました。

f:id:damtraveller:20210624131157j:plain

 火が通りました。久々に日本酒です。鉄板ごと皿代わりです。

f:id:damtraveller:20210624131327j:plain

 昨日道の駅で買った大根の佃煮もつまみです。

f:id:damtraveller:20210624131722j:plain

 小さなガンスなので残りも温めました。

f:id:damtraveller:20210624131749j:plain

 次の酒のつまみの子持ちこんにゃくです。

 味付けなので切っただけで味わえます。歯ごたえもあって美味しいです(^^)

f:id:damtraveller:20210624131937j:plainf:id:damtraveller:20210624131954j:plain

 つまみに今日もミニカチョカバロを焼きます。

f:id:damtraveller:20210624132056j:plain
f:id:damtraveller:20210624132111j:plain

 きつね色になってきました。焼くと歯ごたえが出てきて塩味で美味しいですね。

f:id:damtraveller:20210624132218j:plain

 最後はかしわむすびを温めました。

f:id:damtraveller:20210624132404j:plain
f:id:damtraveller:20210624132450j:plain

キャンプ場3日目最終日です

・3日目の朝の様子です

 夜中の気温が14度でしたが、昨日より1枚多く着たのと日本酒で暖まったおかげかそれほど寒くなく気持ち良くぐっすり眠れました(^^)

f:id:damtraveller:20210624132933j:plain

 前の方は朝から焚火で何かを作っておられます。

 私は昨日に続きおにぎりとフランクフルトを電子レンジでチンです(笑)

 残りのキャベツもつまみます。

f:id:damtraveller:20210624132958j:plain

 朝食を済ましてのんびりしていたら、何かわかりませんが特徴的な野鳥の鳴き声が近付いてきました。

 スマホでの撮影ですからどんな鳥かは見えませんね(^^;

 昼食用に餃子とかも買っていましたが車の運転もありビールは飲めず、焚火の片付けなど撤収作業もあわただしくなるので止めて、11時半にはサイトを片付けてキャンプ場を出発です。

 写真はありませんがここでハプニングが・・・とうとうカラスにやられました(^^;

 車の前でタープをたたんでいたら気が付かない間にカラスが寄ってきています。

 車の後ろに置いていた白いビニル袋の中の食材を焼いたアルミホイルをつついています。

 追い払おうとしたら白いビニル袋ごと口にくわえて飛んで行きました。

 近くの木に停まったので見ていたら白いビニル袋を落としたので急いで回収に行きます。

 付近にちらばったアルミホイルも拾い集めました。

 直前までは自作のゴミ箱に入れていたのですが最後にまとめようと外に出していたのが失敗でしたね(^^;

 なぜかバックに入れていた金ブラシも引っ張り出し近くに落としていました。

 野生動物だけでなくカラスや犬猫などにも注意が必要ですね。

f:id:damtraveller:20210624133535j:plain

 センターハウスに許可証を返却に行きます。

f:id:damtraveller:20210623224315j:plain

 入り口ではピザ体験もできるようですね。

f:id:damtraveller:20210623224334j:plain

 許可証の返却と故障で使えなかったコインシャワーのコインの返金に行きました。

 スキー場を利用されている方はポイントカードをお持ちかと思いますが、キャンプ場では100円あたり1ポイントがつくようです。

f:id:damtraveller:20210623224536j:plain

 作業中でセンターハウスにはどなたも居られません。

 連絡先の番号に電話をしてもインターホンを押しても作業中のためか誰も出てきません(^^;

 待つ間に恐羅漢スノーパークのレストハウス前を見に行ってみました。

f:id:damtraveller:20210623223538j:plain

 周りが真っ白の冬の景色と違い、人も居ないのでなんだか寂しいですね。

f:id:damtraveller:20210623223604j:plain

 レストハウス前の広場で夏はジップラインをされているようです。

f:id:damtraveller:20210623223716j:plainf:id:damtraveller:20210623223733j:plain

 レストハウス横の広場には最近流行のサウナが作られています。スキーシーズンにも営業されるのでしょうか?

f:id:damtraveller:20210623223345j:plainf:id:damtraveller:20210623223400j:plain

 アザミもいいですね。

f:id:damtraveller:20210623223952j:plain

 どなたもセンターハウスに帰ってくる気配がないので仕方なく許可証を箱に置いて出発です。

f:id:damtraveller:20210623224425j:plain

・キャンプ場を出発です

 今日は内黒峠経由ではなく広域林道を通り広島に戻ります。

 キャンプ場を出発して大規模林道を通り過ぎるくらいに管理人の方から電話がかかってきました。

 ガソリンも残り少なく引き返す距離でもなく、シャワーコインは次回使用とし、ポイントは次回つけることのメールをいただくことになりました(^^)

 戸河内にあるガソリンスタンドまでギリギリ行けそうですがガソリンが残り少なく心配ですね。

 途中でエンプティーランプが点灯してしまいました(^^;

f:id:damtraveller:20210624135207j:plain

 閉鎖されたホワイトバレー松原スキー場の前を通ります。

 広島近辺のスキー場も一昨年の雪不足やコロナの影響で閉鎖に追い込まれた所が増えて、滑りに行くところが減り寂しいですね(;;

 来シーズンはどこにスノーボードをしにいけばよいやら(^^;

f:id:damtraveller:20210624134852j:plain

 戸河内のセルフのガソリンスタンドで30L給油です。

 もう少し多く入る燃料タンクなら安心なのですが(^^;

 戸河内ICから乗った高速道では工事が集中して行われているようで、あちこちで走行車線規制が行われ1車線での通行になっていました。

・久地PAで昼食です

 昼も過ぎているので久地PAで昼食にしました。

f:id:damtraveller:20210623230138j:plain

 ここのお勧めの幟が立っていたので、迷わずごぼ天うどんと親子丼のセットにしました(笑)

 ごぼうが歯ごたえがあり、うどんも腰が強くて美味しいですね(^^)

f:id:damtraveller:20210623230142j:plain

 高速を降りてからDAISOに寄ってキャンプに使えそうなモノを探してから無事帰りました(^^)

 今回の走行距離は240kmほどでした。

恐羅漢エコロジーキャンプ場の場所です

まとめ

 恐羅漢エコロジーキャンプ場はいかがだったでしょうか。

 恐羅漢エコロジーキャンプ場はサイト間が離れていて階段状に配置されているので、タープの建て方を工夫し自分だけのプライベート空間を楽しみ易いですね。

 林間サイトなのでほとんど木陰で、標高が高いこともあり夏も快適に過ごせそうですね。

 近くにはスーパーなど無いので買い物を済ませてから来る必要があります。

 ガソリンスタンドも近くにはありません。

 またシャワーコインの利用とポイントをつけてもらいにいずれもう一度行ってみましょうね。

 また何かしてきたら記事を公開しますね。