軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

軽キャンパーのカインズの小物入れをアイアン+サビ塗装しました!(2022年7月24日)

はじめに

 カインズでみつけた紙製の深い小物入れを電子レンジ下のテーブル上に置いていました。

 最初はキレイだった小物入れですが・・・。

f:id:damtraveller:20200905211331j:plain

 ズレ防止に底に貼っていたマジックテープを貼り替えた時に、紙製なのもあり裏の紙がはげました(^^;

 小物入れの取付位置を変えてみようと外したついでに、カッティングシートを貼って見栄えを補修しようとしていました。

 カッティングシートがマットブラックとかなまだしも、艶有のカッティングシートしか手元になく、どうも雰囲気が良くありません(^^;

 これは思い切ってアイアン+サビ塗装した方がいいなと思い付きました(^^)

 今回は紙製の小物入れにアイアン+サビ塗装した事の記事を公開しますね。

下地のプライマーを塗ります

 いつもならサンドペーパーで表面を荒らしてプライマーが付着し易くしますが、今回塗装するのが紙なので省略です。

 簡単にマスキングをしてからプライマーを塗ってはヒートガンで乾かし2度塗りしました。

 プライマーの塗装完了です。

 紙が破れた所の凹凸がどんな感じになるか楽しみですね(^^)

 クッション材を貼っている上面は、今後取り付ける時に隠れて見えなくなるので、省力化と塗料節約のため塗装範囲から除外します(笑)

アイアン塗装をします

 いつものようにアイアンブラック塗料をスポンジにつけて叩くように塗っていきます。

 スポンジの表面で塗装面が凸凹になるので鉄の雰囲気が増します(^^)

 元の紙の色が黒なので見た目に劇的な変化はありませんが表面の凸凹などにより鉄の雰囲気が出てきました。

 ヒートガンで乾燥させて2度塗りしています。

 基本的には見える所を塗装しています。

サビ塗装をします

 いつものラスティ―ブラウン塗料をサビ塗装に使います。

 ブラシの先に少しつけ、角になる所を擦るように塗り、幅の広いブラシで上から擦って輪郭をボカしています。

 紙の破れた所や飛び出た所など変化がある所にもサビ塗装をしています。

 取り付ける時にはこの面が下になります。

 今日もサビになった気持ちで塗装をしてみました(^^)

小物入れ部分も塗装します

 小物入れが入る本体がいい雰囲気になったので小物入れが黒の紙の仕上げのままでは合わなくなりました(^^;

 小物入れを本体に入れた時に見える部分を塗装します。

 作業手順は本体と一緒ですがマスキングは手抜きしています(笑)

 プライマーを塗ります。

 アイアンブラック塗料を塗ります。

 ラスティ―ブラウン塗料でサビ塗装です。

 小物入れ部分の塗装完了です。

 1センチ位後ろから塗装を省いています(笑)

 持ち手の穴の金具も鉄の色になりました。

小物入れのアイアン+サビ塗装が完成です

 なかなかいい感じにサビた鉄箱になりました(笑)

 実際に取付ける時に塗装面が下側になりあまり見えなくなりますが、自己満足という事で(^^)

 最初の黒い紙の仕上げの時と全く変わりました。

 サビ塗装バージョンでカインズのアウトドアコーナーに置いてもらったら少しは売れるかも(笑)

動画です

 簡単な動画も写してアップしてみました(^^)

youtu.be

まとめ

 紙の小物入れがサビた重厚な鉄製の箱に変身です(笑)

 元の紙が破れた所の凹凸が丁度サビで腐食した感じになってバッチリですね(^^)

 素材の表面がフラットではなく凹凸があるとサビ塗装効果が上がる気がします。

 また自分だけのアイテムが一つ増えました。

 また何か塗装をしてみたら記事を公開しますね。