軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

ダム旅etcの車中泊にクーラーボックスは必需品!

はじめに

 街を離れてスーパーも閉まった時間に地方の車中泊場所に着くこともあります。

 全て外食なら不要かもしれませんが、車の中で食事するなら事前に購入しておいた惣菜などの鮮度を保っておきたいですよね。 
 みなさん そんな時はどうしますか? 

 この記事ではこれまで私が使ってきたクーラーボックスをご紹介します。

※軽キャンピングカーには小型冷蔵庫をつけますが、補助的にクーラーボックスを使うと便利です。

使ってみたグッズはこちら!!

グッズ3つ目:エクスカーションクーラー 16QT ブルー:コールマン製
 コールマンが評判良さそうなので使ってみました。
 毎日氷の調達が面倒なので冷蔵庫が欲しいですね。


・容量15L
・1日分の弁当や飲み物を入れるのに丁度よい
・保温性は普通
・軽くて手頃な大きさ
・氷を入れると底が結露する
・結露対策で下に100均トレイを置いて使用

グッズ2つ目:スーパークールボックス 16L:YAMAZEN製
 弁当と惣菜、飲み物が入る程度の小さめが使いやすいと思い使ってみました。


・容量16L
・1日分の弁当や飲み物を入れるのに丁度よい
・小型で真ん中のハンドルが持ちやすい
・保温性はよくない
・軽くて手頃な大きさ
・扉のストッパーがはずれやすい

グッズ1つ目:ダイワ製 RX SU
車内を広くしてゆったり寝よう!
の記事にも出てきます。

 

・容量32Lと大きく食材や飲み物がたくさん入る
・断熱性が良く保冷能力が特に高い
・大きくて重いため溶けた氷水を抜く作業が大変

使ってみて 〇なところ

・小さなクーラーボックスは軽くて持ちやすい

・小さなクーラーは溶けた氷水を抜きやすい

・15L位のクーラーボックスは一人の食材くらいによい

使ってみて △なところ

・軽いクーラーボックスは保冷性能が低い

・毎日氷の調達や溶けた氷水を抜く必要がある

・保冷性能の低いクーラーボックスに氷を入れると底などが結露で濡れやすい

・保冷性能の高いクーラーボックスは重くて値段が高い

・大きなクーラーボックスは車から出し入れするのが重くて大変

しくじりポイント
しくじりポイント

・あまり安いクーラーボックスは保冷性能が低く朝には氷が全て溶けて補充が必要です。
・クーラーボックスこそ使わずに自宅に置いておくと保管場所で邪魔になります。
 他に釣り用に使っていたクーラーボックスが2個あります(^^;

まとめ

 街を離れてスーパーも閉まった時間に地方の車中泊場所に着くこともあります。

 事前に購入した惣菜などで食事する車中泊では、食品の鮮度を保つためにもクーラーボックスは必需品ですよね。季節によっては食中毒の防止も必要です。

 みなさん クーラーボックスをうまく使って車中泊で美味しいものを味わいましょう!