軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

軽キャンパーで行くダム巡り!(山口県旧桂ケ谷貯水池堰堤)

はじめに

 江畑ダムからそんなに遠くない所に今は使われていない古い堰堤があることを知り見に行った、山口県の旧桂ケ谷貯水池堰堤(きゅうかつらがたにちょすいちえんてい)をご紹介します。

 道路の入り口の案内は小さいけれど見落とさなければ大丈夫です。f:id:damtraveller:20200921233150j:plain

 堰堤への入り口にも表示がありこのスペースに車を置きました。

 この奥は廃屋のような感じでした。f:id:damtraveller:20200921233817j:plainf:id:damtraveller:20200921234659j:plain

行くのに少し迷いました(^^;

 入り口はこの踏み跡を行くようです。

 ここには案内が無いので戸惑いますがこれくらいしか歩いていける道がないので進んで行きます。

 こんな道こそ動画を撮っておけばわかりやすかったのですが(^^;f:id:damtraveller:20200921234041j:plain

 山歩きに慣れてない者が一人でこんな道を進むのは心細いですよね(^^;f:id:damtraveller:20200921234328j:plain

 水が流れている所に踏板がかけてあります。f:id:damtraveller:20200921234751j:plain

 こんな道をしばらく歩いて上っていきます。f:id:damtraveller:20200921235004j:plain

 少し開けたようなところに出ました。f:id:damtraveller:20200921235009j:plain

 真っすぐ突き当りまで行きます。f:id:damtraveller:20200921235530j:plain

 突き当り付近に何が書いてあるかよくわからない両矢印が見える標識が倒れています。f:id:damtraveller:20200922000103j:plain

 ここで最初、道を間違えました。

 ダムだから高い方に行くのだろうと左側に上ってしまい電力会社の鉄塔まで行ってしまいました(^^;f:id:damtraveller:20200921235709j:plain

 鉄塔の周りには白いテープが周囲に貼られていて、これ以上先には進めず堰堤も見えません。

 倒れている標識まで引き返すことにしました。

 堰堤に行く正解はこの白い標識を右の方に数m降りてすぐに左に折り返しです。f:id:damtraveller:20200921235015j:plain

 この木の先で、左に折り返しです。f:id:damtraveller:20200922000158j:plain

 折り返したところです。この道を右へ進んでいきます。f:id:damtraveller:20200922000749j:plain

 右側が開けていますが、木の枝で先になにがあるか見えません。

 葉が落ちる秋以降の方が見つけやすいかもしれませんね。f:id:damtraveller:20200922000617j:plain

旧桂ケ谷貯水池堰堤です 

 やっと、堰堤が見えてきました(^^)f:id:damtraveller:20200922000621j:plain

 天端は立ち入り禁止です。f:id:damtraveller:20200922001032j:plain

 取水塔ですね。天端を歩いて見にいきたいところですね。f:id:damtraveller:20200922001129j:plainf:id:damtraveller:20200922001134j:plainf:id:damtraveller:20200922001142j:plain

 取水口でしょうか。f:id:damtraveller:20200922001927j:plain

 昔はここに水が溜まり、ダム湖を形成していたのでしょうね。f:id:damtraveller:20200922001512j:plain

 古いお城のような雰囲気もありますね。f:id:damtraveller:20200922001955j:plain

 欄干はレンガ造のようですね。
f:id:damtraveller:20200922001450j:plainf:id:damtraveller:20200922001820j:plainf:id:damtraveller:20200922001901j:plain

 左岸下流側に降りていける道があります。少し進んでみます。f:id:damtraveller:20200922001513j:plain

 トンネル状のものが見えます。f:id:damtraveller:20200922001535j:plainf:id:damtraveller:20200922001540j:plainf:id:damtraveller:20200922001609j:plain

 副ダムでしょうかf:id:damtraveller:20200922001630j:plain

 木の枝が多くて全景がうまく写せませんね。f:id:damtraveller:20200922001723j:plain

 もう10数m降りていけば河原に行けそうですが、倒木があったり木がうっそうと茂った場所なので、蛇とか出てきたら嫌なので、これ以上の写真は諦めて戻ります。

 やはり誰も来ないようなところに一人で行くのは不安ですね(^^;f:id:damtraveller:20200922004633j:plain

 足早に戻ることにしました(笑)
f:id:damtraveller:20200922001020j:plain

このダムの場所です
まとめ

 旧桂ケ谷貯水池堰堤いかがでしたでしょうか。

 廃止された堰堤だけに寂れてしまい、人が来ることも滅多にはないのでしょうね。

 こんな感じのダム見学は四国堰堤ダム88箇所巡りでも何度か経験しましたが、本当は誰かと一緒の方が心強いですね。

 みなさん 写真を見られて興味があれば用心して訪れてみてくださいね。