軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

軽キャンパーで行く日本のダム美巡り!(兵庫県千苅ダム)

f:id:damtraveller:20200903164744j:plain

はじめに

 2020年8月30日に行った兵庫県の千苅(せんがり)ダムをご紹介します。

千苅ダムには徒歩で自然歩道を行けます

 車は千刈貯水場の門の手前にある駐車場までです。f:id:damtraveller:20200903170643j:plain

f:id:damtraveller:20200903170651j:plain

 ハイキングの方の車が何台か止まり準備されていました。f:id:damtraveller:20200903171056j:plain

 一瞬立ち入り禁止で見学出来ないかと思いました。f:id:damtraveller:20200903171452j:plain

 が、この看板があり大丈夫です。f:id:damtraveller:20200903171130j:plain

 川の方へ歩き駐車場を振り返ったところです。10数台車は止められそうでした。f:id:damtraveller:20200903171525j:plain

 ダムまで往復するだけなら迷い込むようなことはありません。f:id:damtraveller:20200903171713j:plain

 近畿自然歩道という名前なんですね。f:id:damtraveller:20200903171716j:plain

 前に一人おられますが河原に降りていかれてダム見学ではなかったようです。f:id:damtraveller:20200903171947j:plain

 木の間から河原が見えます。f:id:damtraveller:20200903172007j:plain

 自然歩道を少し入ったところにトイレもあり安心です。f:id:damtraveller:20200903172010j:plain

 川沿いの細い道を歩いていきます。f:id:damtraveller:20200903172014j:plain

千刈ダムです

 しばらく川沿いに歩くとダムが見えてきました。f:id:damtraveller:20200903172049j:plain

 左岸に渡る橋があります。ハイキングの方はこの橋を渡って対岸を歩いて行かれました。f:id:damtraveller:20200903172430j:plain

 橋の欄干には、登録有形文化財や近代化産業遺産のプレートが表示されています。

 ダムだけでなく、このテーマで各地の遺産を巡るのも楽しそうですね。

 また先の旅の目的が出来てしまいましたね(笑)f:id:damtraveller:20200903172649j:plain

f:id:damtraveller:20200903172645j:plain

f:id:damtraveller:20200903172648j:plain

 この橋も古いモノですね。f:id:damtraveller:20200903173625j:plain

 そのまま、橋の名前ですね。f:id:damtraveller:20200903173633j:plain

 川の名前のプレートもあります。f:id:damtraveller:20200903173657j:plain

 放流時のお知らせ看板もあります。サイレン休止時間が書かれていませんね。f:id:damtraveller:20200903172947j:plain

 橋を渡り左岸側からダムを見あげてみました。f:id:damtraveller:20200903173157j:plain

f:id:damtraveller:20200903173335j:plain

 石の表面がいい雰囲気を醸し出していますね。

 建設後に嵩上工事が行われたようで、このダムでは新しい部分なのでしょうね。f:id:damtraveller:20200903173823j:plain

 たまった水の中に大きなすっぽんがいて驚きました。f:id:damtraveller:20200903174047j:plain

 説明書きの案内板は、パンフレット配布などのないダムでは参考になりますね。f:id:damtraveller:20200903174226j:plain

 少し先まで歩きダムの中心あたりから見上げてみました。f:id:damtraveller:20200903174514j:plain

 太い給水管?が対岸からかけられています。f:id:damtraveller:20200903174808j:plain

 下から上ってきました。右岸側からの眺めです。f:id:damtraveller:20200903174927j:plain

 堤頂に着きました。これから先は立ち入り禁止ですね。f:id:damtraveller:20200903175240j:plain

 左には大きな石碑が建っています。f:id:damtraveller:20200903175616j:plain

 石碑の各所アップの写真です。f:id:damtraveller:20200903175543j:plain

f:id:damtraveller:20200903175551j:plain

f:id:damtraveller:20200903175555j:plain

 水道局のマークのようです。f:id:damtraveller:20200903175651j:plain

 鉄格子の間から写真を写してみます。f:id:damtraveller:20200903175807j:plain

f:id:damtraveller:20200903175839j:plain

f:id:damtraveller:20200903175949j:plain

f:id:damtraveller:20200903180217j:plain

 上ってきた階段です。f:id:damtraveller:20200903180231j:plain

 途中の道沿いに、閉められた鉄の扉がありました。何でしょうね。f:id:damtraveller:20200903180352j:plain

 降りてきて気付きましたが、左岸側の山の中腹にトンネルが見えます。f:id:damtraveller:20200903180608j:plain

 越流トンネルと書いてあります。ダム本体の洪水吐き以外にも、トンネルから放流できるようになっています。f:id:damtraveller:20200903180529j:plain

 放流中を見てみたいですが、ここから放流しているときは下流に多くの雨水が流れて危険な状況でしょうから、行くのは避けた方が良さそうですね。f:id:damtraveller:20200903180531j:plain

f:id:damtraveller:20200903181102j:plain

 来た道を戻り次のダムを目指します。

 河原に降りて火打石を探してみようかとも思いましたが、歩道に落ちている角の尖った固そうな石ころを拾って試すことにしました。f:id:damtraveller:20200903181125j:plain

このダムの場所です
まとめ

 千刈ダムいかがでしたでしょうか。

 駐車場までは行きやすいですね。

 歩くのもさほど距離はなく簡単に見学出来ます。

 みなさん 写真を見られて興味があれば訪れてみてくださいね。