軽キャンパーで行くヒロッピーの気ままなダム旅etc

2020年 軽キャンパーで全国のダムetcへ旅立つ計画をしている ヒロッピ~のブログです。旅先で味わったB級グルメや地元の惣菜、その日のハプニングや感動したことなどのレポートを日々ご紹介出来ればいいですね。車中泊で長旅をする新たなライフスタイルのためネット通販で集めたこだわりグッズの数々のご紹介もします。しくじりグッズも多々ありますので各記事の中でご紹介しますね(^^; ※新型コロナウイルスの影響で県外への移動も自粛の必要があり、計画通りには出発出来そうにはありませんね(^^;

軽キャンパーで行く日本のダム美巡り!(愛媛県柿原第1ダム他)

はじめに

 愛媛県の柿原(かきはら)第1ダム他を見学してきましたのでご紹介します。

 山口県の大谷貯水池堰堤見学後、この機会に近くの山口県柳井港からフェリーで愛媛県三津浜港に移動してみようと、思いつきました。

 ここに行けば「日本のダム美」の本に掲載の中四国地方の石積みダムの見学は完了です。

 実は四国堰堤ダム88箇所巡りで、番外8番の柿原第2ダムの見学はしていました。

 その奥に石積みの第1ダムがあることをその時は知りませんでした(^^;

 他の行った方も 書かれていますが、第1ダムまでの道筋はガレ場で足元も悪く危険な個所もあります。

 今回は私の自己責任の元、事故には注意し慎重に行ってきました。

 安易にはお勧め出来ない場所であることをご理解ください。

柿原水源地公園をまずは目指します

 フェリーを下りた後、高速道で宇和島市を目指し、道の駅虹の森公園まつので車中泊をしました。

 30数年前に松山市に住んでいた頃に比べると、高速道のおかげで到着時間も短縮され便利になっています。

 翌日、カーナビで柿原水源地公園を目指します。

 国道320号線を宇和島市方面に南下し、橋を渡って左折し柿原水源地公園に進んでいく動画です。早送りにしています。

 水源地公園の最初の広場には案内図があります。 f:id:damtraveller:20201019152947j:plainf:id:damtraveller:20201019163146j:plain

 側には以前の急速ろ過池が残されています。f:id:damtraveller:20201019163323j:plainf:id:damtraveller:20201019163343j:plainf:id:damtraveller:20201019163302j:plain

 手前にはくみ取り式の仮設トイレもありました。f:id:damtraveller:20201019163046j:plain
f:id:damtraveller:20201019162901j:plain

 湧き水も出ていますね。f:id:damtraveller:20201019163114j:plain

 ちなみに動画で入った入り口以外は、先に進んでみましたが車は出れませんでした。

 隣のエリアに行くには、水路にかかった軽自動車がギリギリ幅の小さな石橋を渡ることになりますので、動画で最初に入った広場に車を置くのが無難です。

 参考にダム見学の後で場内を一周して写した動画を公開しますね。

 朝のうちは石橋を渡ったところの東屋で、犬と一緒にソロキャンをしていた方もいました。 f:id:damtraveller:20201019190927j:plain

 祠も設置されています。水神が祀られているのでしょうか?f:id:damtraveller:20201019191255j:plain

 かまど跡のような小屋もあります。f:id:damtraveller:20201019191239j:plain

 車で入ってきたところには川の水か湧き水が流れ込んでいました。

 煮沸しないと飲めないでしょうが、冷たいキレイな水でした。f:id:damtraveller:20201019191515j:plain

柿原第1ダムを目指します。

 今回の装備です。ヒル下がりのジョニーに防虫スプレー、熊鈴グローブ、ロープ、長靴です。f:id:damtraveller:20201019161008j:plain

 滑り落ちそうな所はロープが必要かと持っていきましたが使うことはありませんでした。

 グローブはしがみつくような時には必要かと着けていましたが、無くても大丈夫でした。

 柿原水源地公園の一番奥に車を置いて出発です。

 車を入れた入口を出てまっすぐ行きます。f:id:damtraveller:20201019164031j:plain

 左には水神橋があります。f:id:damtraveller:20201019164230j:plain

 右には水源かん養保安林の看板があります。
f:id:damtraveller:20201019164056j:plain

 右側の岩肌には「わな設置済」の表示が掲げられています。

 この先何か所か獣道らしきところにワナがありました。f:id:damtraveller:20201019164732j:plain

 正面に閉ざされた鉄扉があります。

 左の門柱の横から鉄筋が飛び出ていて、上側に曲げられています。

 この鉄筋をつかみ落ちないよう注意しながら、扉の向こうへ抜けていきます。

 ※ここからは先は自己責任で進むことになります。f:id:damtraveller:20201019164050j:plain

 門を抜けてすぐに洗堰が見えてきますが、見学は後にして先に進みます。f:id:damtraveller:20201019165321j:plain

 しばらく歩くと四国堰堤ダム88箇所巡りで見学した柿原第2ダムが見えてきますが、先に進みます。f:id:damtraveller:20201019165758j:plainf:id:damtraveller:20201019165816j:plain

 道に石が多くなってきました。f:id:damtraveller:20201019165922j:plain

 草木が覆い繁ったところも抜けていきます。f:id:damtraveller:20201019170122j:plain

 写真が写せていませんが道の左下は緑のダム湖で、シーンとして静かなところです。

 大きな変わったキノコが倒木にはえていました。f:id:damtraveller:20201019165945j:plainf:id:damtraveller:20201019170057j:plain

 道が崩れているところです。f:id:damtraveller:20201019170656j:plain

 渡してある木と崩れた斜面との間を慎重に渡り、振り返って写した写真です。

 沢の水を引いているパイプが何本かあり、途中で穴が開いたようで水が噴出しています。f:id:damtraveller:20201019170739j:plain

 落ちている石が大きくて角があり、歩きにくいところもありました。f:id:damtraveller:20201019170541j:plain

 進んでいくと水の流れが聞こえ始めます。ダム湖に流れ込む渓流です。

 しばらく進むと橋が見えてきました。f:id:damtraveller:20201019171742j:plain

 苔むして、草もボウボウで、人があまり歩いた形跡がありませんね(^^;f:id:damtraveller:20201019171943j:plain

 橋からの上流側の眺めです。紅葉の時に来たら、キレイなのでしょうね。f:id:damtraveller:20201019172004j:plain

 動画で音や水の流れを感じてみてください。

 橋を渡って右に進んでいきます。f:id:damtraveller:20201019172804j:plain

 橋の上からみた渓流が右下に見えます。

柿原第1ダムです

 しばらく進むと越流している堰堤が木の枝の間から見えてきました。

 またアドレナリンが出始めます(笑)f:id:damtraveller:20201019173113j:plainf:id:damtraveller:20201019173434j:plain

 動画です。

 左の階段を上がるとダム天端に行けます。コケや落ち葉で足を滑らせないよう慎重に上っていきます。

 下りる時の方が滑り易くて、ゆっくりより慎重になりました。f:id:damtraveller:20201019173556j:plain

 天端に到着です。水道局のマークのようですね。f:id:damtraveller:20201019173653j:plain

 天端です。f:id:damtraveller:20201019173913j:plainf:id:damtraveller:20201019174035j:plain

 天端を歩いていくとバルブがありました。f:id:damtraveller:20201019174205j:plain

 越流部が見えます。f:id:damtraveller:20201019174437j:plainf:id:damtraveller:20201019174543j:plainf:id:damtraveller:20201019174944j:plain

 ダム湖の眺めです。f:id:damtraveller:20201019174502j:plain

 下流側の眺めです。f:id:damtraveller:20201019174545j:plain

 天端を戻ります。f:id:damtraveller:20201019175006j:plain

 手すりも無くなっている所があり要注意です。f:id:damtraveller:20201019175026j:plain

柿原第1ダムの越流動画です

 左岸側堰堤下から見上げた写真を撮影されている方もおられましたが、私にはハードルが高く来た道を戻っていきます(^^;

危ない柿原第1ダムまでの道のりの動画です

 時間が長いので早送りにします。険しい道が続きます。

 熊鈴の音や、クモの巣を払うため小枝を振り回している所が見える時があります(^^;

柿原第2ダムです

 柿原第2ダムの見学もしました。

 初めて来たときには雨も降っていて、心細かった記憶がありました(^^;

 戻る道の左に倉庫だったような小屋があります。f:id:damtraveller:20201019180650j:plain

 小屋の右にダムがありますが、ここも木の枝で見学しにくいところです。f:id:damtraveller:20201019180633j:plain

 取水塔が見えます。f:id:damtraveller:20201019181024j:plain

f:id:damtraveller:20201019180952j:plain

 天端の先の取水塔です。f:id:damtraveller:20201019180957j:plain

 バルブ操作の軸でしょうか?f:id:damtraveller:20201019181409j:plain

 越流部が見えます。
f:id:damtraveller:20201019180849j:plain

 下流側の眺めです。f:id:damtraveller:20201019180911j:plain

 ダム湖の眺めです。このダム湖の右側を先ほど歩いて行き戻ってきました。f:id:damtraveller:20201019180912j:plain

 前回は見なかった堰堤下に降りれそうな踏み跡を探していたら、ワナが仕掛けられていました。f:id:damtraveller:20201019182336j:plain

 ここから離れた所から慎重に下に下りていきました。f:id:damtraveller:20201019182618j:plain

 下りてから振り返った写真です。結構急斜面です(^^;f:id:damtraveller:20201019182655j:plain

 河原に下りれるところがありました。f:id:damtraveller:20201019182633j:plain

 河原に下りて下流側の眺めです。f:id:damtraveller:20201019182824j:plain

 柿原第2ダムは堰堤全体を見ることが出来ました(^^)

 階段状の堤体が面白いですね。f:id:damtraveller:20201019183005j:plain

 右岸側から撮影されている方もおられますが、私にはここまでが精いっぱいでした(^^;

柿原第2ダムの越流動画です


柿原洗堰です

 最後に洗堰の見学です。

 玉石積みの堰堤が木々の間から見えます。f:id:damtraveller:20201019185559j:plainf:id:damtraveller:20201019185635j:plainf:id:damtraveller:20201019185701j:plain

柿原洗堰の動画です

このダムの場所です
まとめ

 柿原第1ダム他いかがでしたでしょうか。

 簡単には見学出来ないところですが見ごたえはありましたね(^^)

 みなさん このダムに行くには危険が伴います。

 写真や動画を見られて興味があり、実際に見てみたい方は、自己責任で慎重に行動されることをお勧めします。

 これで中国・四国地方の「日本のダム美」に紹介されていた石積みダム見学も終わりました。

 11月1日から国交省のダムカード配布が再開されるようですので、今後九州地方のダム旅etcを始めようかと考えています。

 また新たにダム見学しましたらご紹介しますね。